Malpu Design

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

陳湘婷

今年を振り返って③

いつの間にやら大晦日になってしまいました。
ご無沙汰しております。
マルプ陳です。


一年の始まりのときは
「これから生き抜けるだろうか...」と
不安になるのですが、暮れにはいつもいつの間に!?
となってアワアワしてしまいます。


今年の私の漢字は「会」です。
お仕事でも、プライベートでも、
今年は色んな方に会えた年だったと思います。
いつもメールばかりのやりとりだった編集さんと
直接打ち合わせができたり、
ギャラリーにお伺いした際に、
イラストレーターさんと直接お話が聞けたり、
納会ではOBの方々にもいらしていただきました!
(とっても楽しかったです、ありがとうございました!)


また、今更ながらフェイスブックを始めたので、
仕事の話をしながら色んな方と
つながらせていただきました。
来年は更新頻度をあげられたらと思います。


個人的には去年が激動だったので、
それに比べるとまだ緩やかだったとは思います。
しかし、仕事を始めて2年目、
まだまだ未熟なことろが多く、
日々こんなんでいいのかと悶々としてましたが、
ただアワアワしてるだけでなく、
一歩ずつ前に進んでいくしかないことも実感しました。
塵も積もればなんとやらですね...。


あと仕事態度を改善させたいです。
希望ではないです。やります。


◉5分前に出勤する
◉仕事中に寝ない


当たり前のことを当たり前にやりたいです。
この目標中学生の頃の先生が立ててたなあ...
成長したいです...


来年もよろしくお願いします!
良いお年をお過ごしください〜

IMG_4059.JPG

大掃除&納会

皆様、年の瀬いかがお過ごしでしょうか?
マルプ柴崎です。

昨日、マルプデザインは恒例の大掃除をしました!

今年で2回目の恒例行事、
今回は一度経験していたので、
色々と効率よく進める事が出来ました!


s1.jpg

s2.jpg


掃除は滞り無く終了し、
今年の汚れは全部綺麗に落とせました!

そして、一息ついたところで、
今年のお昼はみんなでウナギです!

夏にウナギを食べてなかったということで、
ウナギになりました!(発案:柴﨑)

やはりウナギはうまいですね!


h1.jpg

h2.jpg


その後は、こちらも恒例「北の誉」で
OB、OGをお呼びして、納会を執り行いました!

なんと今年はお声掛けした先輩方のほとんどの方がきて下さって、
昨年よりも大人数での納会になりました!

納会では、色々と嬉しいご報告も聞けたり*皆まで言わない

本当に楽しい仕事納めになりました!

年末でお忙しい中、来て頂いた先輩方、
本当にありがとうございました!

色々お話が出来てとても嬉しかったです!


n1.jpg


皆様来年からも宜しくお願い致します。
良いお年をお過ごしください!
マルプ柴崎でした。

清水良洋

今年を振り返って②

mpn17_12_01.jpg

写真:筆者


マルプ清水です。
僕の今年を表す漢字は「穏」です。


穏やかの「穏」です。
初めは「恙(つつが)ない」の「恙」と思いましたが
「恙」に「ない」が付かないと「憂いとか心配事」になっちゃいますからね。


猫を撮り歩きする様になって2年
1年目は徒歩圏中心に撮ってましたが
今年は広島、京都、神奈川、新潟、千葉、埼玉や
都内でも八王子やいくつか初めての場所で撮れました(^○^)。


仕事も手応えのあるものも多く
毎年の事ですが面白く取り組めました。
大きなトラブルもなく「恙なく」1年を過ごせました。


という事で漢字1文字だと
「恙」になってしまうんで「穏」にしました。


本年も有り難う御座いました。
明年もどうぞ宜しくお願いします。
お健やかに佳き年越しをお過ごし下さいまし。

佐野佳子

今年を振り返って①

2017sa.JPG

写真:別館しみちょろ


マルプ佐野です。
わたしの今年を表す漢字は「怒」です。


今年は、自分の怒りの原因について考えてばかりいたような気がします。
「怒り」というとマイナスイメージがありますが、すごいエネルギーがあって、
おかげで今まで気にもとめなかったさまざまな差別、権力構造、
ジェンダー、クィア、植民地主義、国家、について学ぶようになりました。
知れば知るほど、この社会にあたりまえに存在している
無意識の差別や偏見が察知できるようになってきました。


面白かった本は『障害者差別の社会学―ジェンダー・家族・国家』です。
明治時代、富国強兵のため作り出した「国家の役に立つ人間」像が
現在も色濃く残り、親は国家のエージェント、
日本社会は選別構造であると書かれていて合点がいきました。
それを、だれもが自分にOKだして生きていける社会にできたらいいな。

ページの先頭へ戻る