Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  柴﨑精治の日報

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

柴﨑精治の日報

柴﨑精治

潮出版 贈賞式

皆様ご無沙汰しております!


マルプ柴崎です!

今年も潮出版社さま主催の
潮アジア太平洋ノンフィクション賞パンプキンエッセー大賞
の贈賞式にご招待頂きました。


01.jpg


今回で第5回になるノンフィクション賞。
受賞作品はゆき惠・ヒアシュさんの
『 〈玉砕の島〉ペリリューから帰還した父』です。


02.jpg


太平洋戦争でペリリュー島(パラオ共和国)に従軍し、
帰還したお父さんの供養のために取材を始め、
そこから当時の戦闘の残跡、軌跡を追っていきます。
14年もの取材をした本書は必見です。


03.jpg


パンプキンエッセー大賞の今年のテーマは「お母さん」でした。
大賞に輝いたのは、鍬田広樹さんの『サンマの塩焼き』です。


鍬田さんは、なんと元芸人さんだそうで、
とても緊張していますと言いつつも、
饒舌にスピーチをしていらっしゃいました。


しかも僕と同い年...
この年になると人それぞれ、
いろいろなじんせいがあるんだなぁと思いました。


04.jpg


最後にホテルの美味しい料理を堪能させて頂きました!


昨年はゆっくり食べられなかったので、
今年は思いっきり楽しみました(笑)


ごちそうさまです!!!
柴崎でした。

柴﨑精治

夢みる宝石を描く 〜完結!〜

夏真っ盛り!セミがうるさい!
マルプ柴崎です。


すっかり夏本番になってしまって暑い日が続きますね。


さて、4月から長きに渡りお知らせして来た、
老若男女世界文学選集vol10『夢みる宝石を描く』ですが、
先日無事会期を終えました...!!!!


沢山の方に見に来て頂いたようで、
とても嬉しいです!!!!!


昨年開催したvol9『旅のラゴスを描く』では、
途中からの参加となってしまったので、
デザインなどは出来ませんでした...


今回は念願かなってデザインを担当させて頂く事が出来ました!!!


普段のお仕事では出来ない、
イラストレーターさんとガッツリ打ち合わせをして、
デザイン諸々を進めていき、
同じ内容の本で他のチームが
どんな装幀を仕上げていくのかなど、
本当に様々な事が為になり、良い経験になりました。


今回の展示でマルプデザインは、
老若男女世界文学選集への参加は最後となります。


これまで続いて来た10年間という長い期間の中で、
最後の展示に参加できた事を心から嬉しく思います。



このたびは、
展示にお越し下さったくださった方、
参加してくださったイラストレーターさん方、
毎年、素敵なギャラリーの場を設けてくださり、
ワークショップでも暖かく優しく見守って下さったDAZZLE村松さん、
本当にありがとうございました。


この10年間、展示を開催するにあたり、
本当に、本当にたくさんの方々にお世話になりました。
少しでも携わってくださった皆様方、改めて深くお礼を申し上げます。







最後に、こちらが展示風景でした。
カバーの別案のイラストや、挿絵を数点描いて下さった方もおり、
最終的な装幀に使われた原画と一緒に展示をさせていただきました。


また、パンフレットも随時配布しておりますので、
今回展示を見逃してしまったという方は是非、
お手に取ってみてください!
gallery DAZZLEさんにも置かせていただいております。


DSCN5506.jpg

DSCN5507.jpg

DSCN5513.jpg

DSCN5511.jpg

DSCN5512.jpg

DSCN5505.jpg

柴﨑精治

夢みる宝石を描く 〜本日オープニング!〜

皆さんこんにちは!
マルプ柴崎です。


梅雨のじめじめなんて吹き飛ばせ!!!!!


本日いよいよ
『夢みる宝石を描く』
が始まります!!!!


初回の今夜は
18:00〜
オープニングトークです!!!!




去年のワークショップ、アーカイブ一覧▶「旅のラゴス」
一昨年のワークショップ、アーカイブ一覧▶「宇宙の眼」


会場はコチラです!!
-----------------------------------------------------


7月4日(火)〜7月16日(日)
12:00▶19:00(最終日17:00まで)
*月曜休廊


Gallery DAZZLE


〒107-0061 東京都港区北青山2-12-20 山西ビル#101
Google map または こちらの地図

-----------------------------------------------------


先日、無事に全ての作品が刷り終わり、
搬入作業を行いました。


03.jpg


それぞれのイラストレーターさんが描いた、
装画、挿絵の原画も額装して展示して、
とても見応えのある展示風景になりました!


04.jpg


嬉しくて、パノラマ撮影をしてしまいました...(*/▽\*)
(小さいですが)


今年は老若男女も最終回ということで、
特装本も例年以上に素晴らしい仕上がりです!!!!


今年は我らがチーフ、
宮崎さんが特装本を製本して下しました!!!!


01.jpg


マルプーポールの銭形が見守る中、
素早く丁寧に、バババッと作業を進めます。


02.JPG


そして、
一瞬のうちに最高傑作の特装本を
作り上げてしまいました。


さすがです...(人´ω`*)


過去最高の実物(恐らく)
是非ご来場頂いて、手に取って、直接ご覧ください!!!!!


今回の展示をまとめた小冊子も、
外苑前駅の地域ポケットなどにおいております!


05.jpg


それでは、
皆様のご来場、
心よりお待ちしております!







\参加イラストレーター/


(五十音順、敬称略)




井関 入


筧智子


杉本鉄郎


tokin


中野道子


遊佐慧


好永よしよし

柴﨑精治

夢みる宝石を描く 進んでます!



おっととっと6月ですね。
マルプ柴崎です。



さてさて、
先日二回目のワークショップを終えた
老若男女世界文学選集vol.10「夢みる宝石」

各チーム、
それぞれ水面下で着々と進んでおりますよ!

ほとんどのチームが打合せを終え、
後は展示に向かってまっしぐら、
イラストレーターもデザイナーも、
全身全霊かめはめ波!です。

170605a.jpg

170605b.jpg

※打合せイメージ画像


進捗状況はまだひみつ( ̄ω ̄ )...。(展示までお楽しみに!)
そのかわり、
イラストレーターさん方から、
打合せを終えての感想を頂きましたので、掲載します!
*五十音順

---

筧智子さん
表紙に何を描くか迷ったまま
打ち合わせさせていただいていたのですが
「この本について何を一番伝えたいですか?」と質問されて
一番大切なことをわすれていたことに気がつきました。
絵を展示するならば、人物をいれたほうがいいのだろうか?と
余計なことを考えていました。
自分の絵をみせるためではなく、本を伝えるための絵。
シンプルなことが大切。
直接お会いして、お話すると考えが整理されますね。
お時間いただいてありがとうございました。


杉本鉄郎さん
装画を作るのは霧の中を歩くような、わからなさに満ちていると感じました。
打ち合わせでお話しさせていただき、
自分の中で決めつけてしまっていたイメージがあることに気づきました。


装画は本の顔に当たると思います。
きっと本として受け取った人と描いている人の波長が合わないと
気に留められることはないはずです。
そう考えていくと必ずしも時間をかけて描いたり考えたから
いい装画になるとも言えないのかもしれません。


tokinさん
「現状打破!」と言う割に、いざとなると保守的に
慣れた技法に走ってしまう癖があるので、
「思い切ってやってください」と言って頂けたのがエンジンになりました。
作るものが具体的に決まってくる過程にとてもワクワクしています。
この企画で、新しい自分の可能性を発掘していきたいです!頑張るぞ〜。


中野道子さん
ワークショップとは別に
装幀された実商用物を拝見させて頂いたことが
大変勉強になりました。

デザイナーさんの
なにかのインスピレーションの一部とも
感じられる
デザインやアーティストなどお話も大変参考になりました。

正解は無い、と中庸にコメントしてくださる事が
ついつい偏ってしまいがちでもある
現在の状況や創作や制作にとても役立ちました。

ありがとうございました。


遊佐慧さん
打ち合わせに向けて試行錯誤しながら制作をしました。
ほぼ完成状態のものをと思って進めたものの
思った以上に一枚の絵にかける時間が多く
イラストを生産するという点ではこのスピードではいけないと反省する回でした。


清水さんとの打ち合わせを終えてイラストにかける時間、
仕事にすることへの姿勢を学べてよかったと思います。
私は抽象画を描きますが、キャラクター文芸への憧れも強くどうしても
1枚人を描きたいと主張しましたところ、そういった絵に幅を持たせ、
本の表紙として使える絵にするアドバイスを受け、非常に参考になりました。


残り時間は少ないですがその中で
何か自分の殻をひとつ割るくらいの成果が欲しいので
気合を入れて制作の方を頑張っていきたいと思います。


好永よしよしさん
私にはまだまだ見えていない景色を
清水さんがわかりやすく丁寧に
色々とお話してくださいました。
こぼさない様に追いかけてメモをとりました。

展示での目標のひとつは
『夢みる宝石』という作品に興味をもってもらうこと、
手にとってもらったり読んでみたいなと思ってもらうことです。
そういう引力を放つものが描けたら最高だなと思います。

---


今回はどんな "夢見る宝石" が出揃うのか...、
おらワクワクすっぞ!

皆さんも、乞うご期待!!!!




\参加イラストレーター/


(五十音順、敬称略)




井関 入


筧智子


杉本鉄郎


tokin


中野道子


遊佐慧


好永よしよし

ページの先頭へ戻る