Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  陳湘婷の日報

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

陳湘婷の日報

陳湘婷

特種東海製紙工場見学会in三島工場

夜外は涼しくてもなぜか自室が若干暑い...
マルプ陳です。


先日、特種東海製紙さん企画の紙工場見学にお誘いいただき、
静岡県にある三島工場に行きました。
マルプスタッフも何度か行ったことのある工場見学前回の様子
今回私は初めての参加することができました。念願!


丁度インターンの時期もかぶっていたので、インターン生の4人もお誘いし、
弊社スタッフの宮崎、柴崎と計7人の大所帯で参加しました。
小林ちゃんも日報を書いてくれましたが、スタッフからも改めてレポートをば。



お昼頃に三島工場に到着し、お弁当をいただいてから、
まずは紙の手漉き体験をしました。


tesuki.jpg


最初に用意されたものは、水とパルプが入った瓶。
この瓶を機械で混ぜながら、染料、サイズ剤、硫酸バンドを投入していきます。
サイズ剤というのは、繊維に色がしみ込まない様にする薬品です。
これを入れることによって文字等が書ける印刷用の紙になるそうです。


02.JPG


一回目はやっぱり思ったより薄くなってしまいました。
二回目は宮崎さんとの合作。
一回目の反省を踏まえ、二人で色をドバドバ入れました笑
同じ種類の色の紙でも、色で値段が違うことがあるのですが、
濃い色をつくることは難しいのだなと改めて実感しました。



手漉き体験の後は少し休憩して、工場見学をしました。
工場内撮影禁止でしたので写真は撮れませんでしたが、
実際に大きい機械を眺めながら、詳しい解説をしていただきました。


機械は24時間稼働しており、
場所によっては耳栓をつけないといけない場所もあるとか。
工場内ではトランシーバーを使いながら案内をしてくださいました。


特に印象に残ったのが、色のチェックです。
工場内の蛍光灯の下で見るのではなく、
標準光源という光の元で厳しいチェックを重ねています。
機械でもある程度は色を合わせることができるのですが、
人の目でしっかり見て判断し、より元の色に近づけているそうです。



工場見学も終わり、少し移動をして関連施設のPam
見学させていただきました。

01.JPG


色々な種類の紙が年代別に展示されておりました。
引き出しの方にも同じ紙が入っており、実際に手に取ることができます。
見ていて気になったものをさわってみるとまた印象が変わっておもしろかったです。

07.JPG

06.JPG


タント150種類をずらーっと!圧巻です。
先ほどの手漉き体験を思い出しじっくり見てしまいました。

04.JPG


大きい紙の見本帳。
比較対象があまりありませんが、右のキャプションが手の大きさくらい?
普段見るコンパクトな見本帳もかわいいですが、
めくるだけでも楽しかったです。

03.JPG


三階建てで吹き抜けになっているPamは外観がとてもきれいで、
宮崎さんと柴崎さんがついはしゃいでおりました。

IMG_6494.JPG


IMG_6491.JPG




一日でなかなかできない経験をたくさんさせていただき、
バスで工場見学なんて遠足みたいで、とっぷり楽しんでしまいました。
小林さん、新井さん、手漉き体験を教えて下さった方々、
工場の方々、皆さまとってもていねいに教えて下さりありがとうございました。

陳湘婷

今年もやってきました!〜後半〜


ご無沙汰しております、マルプ陳です。
暑いとつらいですが、夏に暑くないというのも
なんだかさびしいものです。




2017年の駒女インターン
前回の子たちから一週間空いて、また二人きてくださいました。
後半にきてくださったのは、池上さんと小林さんです!


二人ともデザインやイラストに興味を持って、
ここを選んでくれたそうで、ためになることを教えられるだろうか...


そしてさっそく、宮崎さんが得意の「SNOW」で
隠し撮りをしてくださいました。

IMG_6479.JPG

超絶真剣に机に立ち向かっている姿、
かわいく撮れるはずの「SNOW」でドキュメンタリー風にさせてしまう二人、
それほど真面目に取り組んでいるということです。


今お願いしているのは恒例の名刺制作。
ガンバレ!イノキも朝頑張ってるところをテレビで見ました!
私も負けないように精進します。




一週間、どうぞよろしくお願いします!

陳湘婷

池ポス3〈ありがとうございました!〉

2017年も半分...
待って、もう少し待ってくれ...という気分です。
マルプ陳です。



3月の中旬にミーティングが行われてから早三ヶ月、
池ポス3、無事終了致しました。
皆様、柴崎が制作したポスターはご覧になって下さいましたでしょうか?
創形美術学校にお越し下さった方、ありがとうございました!


展示が終了した後、飾られていたポスターはそれぞれのお店にお渡し致します。
ということで、今回イラストレーターを担当してくださった、
堀口ティモコさんと一緒に、co-baにお届けに向かいました。
co-baにお渡ししたときの様子。

DSCN5376.jpg


そして、お店の入り口から見やすいところにに飾ってくれました。
サイズが結構大きいかもしれないと思いましたが、
受付のところにピッタリはまりました!
実は見逃してしまった!という人はこちらでも見れますので是非に。

DSCN5398.jpg



そして後日、今回制作に携わったデザイナーとイラストレーターで、
打ち上げが開催されました。
場所は、一回目の池ポスでお世話になりましたドイツ料理「エリカ」さんです。


店内にはエリカさんのポスターと一緒に、
今回の池ポスのパンフレットも飾られておりました。
今日の打ち上げのために飾ってくれたそう。これはうれしい!


私は今回初めてお伺いしたのですが、店員さんも優しく向かい入れてくださって、
そして月並みな言葉ですが、料理がおいしい...!
ドイツ料理なんて普段はあまり食べないので、ここぞとばかり食しておりました。
他の制作チームのお話も聞けて、とってもためになりました!


そして帰り際に、幹事をつとめてくださった田中北斗さんから、
お土産を頂きました。
エリカの店主さんが発見してくださった胡麻。
詰め替えまでついていて地味に嬉しい一品です。

170626.JPG


田中北斗さん、参加者の皆様、エリカさん、ありがとうございました!

2017_ikepos_uchiage.jpg

陳湘婷

夢みる宝石を描く ~第2回ワークショップ~

寝起きに足をつってしまい、若干筋肉痛のマルプ陳です。
ミネラル不足ですかね...


先日、おなじみのgallery DAZZLEで、
「老若男女世界文学選集」第二回目のワークショップが行われました。

DSCN53555.jpg


人数は例年より少ないため、
時間制限に追われることなく一人一人じっくりと講評しました。


一回目では、初めてという事もあって緊張もあったと思いますが、
今回は全体の雰囲気も(個人的な感想ですが)やわらかくなっており、
より作品について、イラストについて深く話をできたと思います。
どのイラストレーターさんも前回話したことを吸収して、
今回のワークショップに臨んでくださいました。

DSCN53399.jpg

DSCN53477.jpg


わりと毎年のことかもしれないのですが(笑)、
SF小説なのでイラストにすることがとても難しいのですが、
皆さん見事に描いてくださいました。
しかし、これはまだラフの段階。完成が待ち遠しくて仕方がありません。


そして、村松さんからもコメントをいただきました!
----------------------------------------
全員が課題本を良く読み込んでくれているという感触が
1回目からありましたので2回目は前回ラフのブラッシュアップに注目しました。
すべてが非常に真摯で手抜きのない作品でした。
個性を失わずに自分に引き寄せてどう表現するかが課題の方、
ラフそのものの完成度を高めてきた方、
すでに完成品に近い作を披露してくれた方、
16章全部のラフを描いてきた方など、
それぞれ1ヶ月の間によく練られた作品を拝見できて大変嬉しく思いました。
登場人物の描写はどなたの作も素敵でDMが楽しみです。
この小説がビジュアル化できるなんて夢のよう、皆さんありがとうございます。

----------------------------------------


終わった後、今回は懇親会も行いました。
ワークショップも二回目ということで、
お酒も入りまして、だいぶ打ち解けられたかと思います。


組み合わせも決まりましたので、これからチームごとで打ち合わせが始まります。
我々マルプスタッフも誠意を持って取り組みますので、
注目していただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!


参加イラストレーター
(五十音順、敬称略

井関 入
筧智子
杉本鉄郎
tokin
中野道子
遊佐慧
好永よしよし


老若男女世界文学選集vol.10「夢みる宝石」


2017年7月4日(火)~7月16日(日)
 月曜日休廊

12:00~19:00(最終日17:00まで)


場所:gallery DAZZLE

アーカイブ

ページの先頭へ戻る