Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  2016年12月のマルプ日報

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

2016年12月のマルプ日報

加藤京子

マルプギャラリー11月の企画展_終了

マルプギャラリーです。


11月上野幸男さんの展示が好評のうちに終了致しました。
お越し下さったみなさま、ありがとうございました。


そんな上野さんから、展示の感想をいただきました!


÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷

malpuDM_ueno.jpg

長いようであっという間に終わってしまった、と感じています。 ご来場頂いた皆様には、心から感謝致します。 本当にありがとうございました。 後半自分の体調が優れず、予定通り在廊できずにご迷惑おかけしまして申し訳ありませんでした。

春からこの展示に向けて、ずっと制作をして来ました。最近少なくなっていたカラーの作品を、と。 そう思って続けるうちに、いろいろと気付くことがありました。 続けることはやはり大事だなぁ、と改めて実感しました。 そして、今回の展示で一番感じたことは、イラストレーターは絵を描いてるだけではダメなのだということでした。 売り込むためにはどうするのか、ということにもっと労力を費やさねばいけない、と痛切に思いました。 イラストレーター云々ではなく、人間力で自分はまだまだだなぁ、と。 今後、改善すべき課題です。

マルプさんのギャラリースペースは今年いっぱいで休廊になるということで、個人の作家の展示は自分が最後ということになるようで、恐縮しつつも最後にお役にお立てたかな、と感じています。 自分もこのギャラリーで沢山の素敵な作品を見てきた人間なので、なんだか感慨深い、寂しいです。 そんな貴重な機会で得たこと、感じたこと、無駄にしないように今後もイラストレーターとして歩んでいこうと思います。

最後に、この機会を与えて頂いたマルプデザインの皆様、本当にありがとうございました。


÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷


上野幸男さん


上野さんの今後のご活躍も期待しております。
上野さん、本当におつかれさまでした!

ページの先頭へ戻る