Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  池ポス2 糸通し式 <シーナと一平>

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

陳湘婷

池ポス2 糸通し式 <シーナと一平>

粘ってましたが、ようやく半袖を解禁しました。
マルプ陳です。



池ポス2も無事成功を収めることができました。
創形美術専門学校や、東武百貨店にお越し頂いた方ありがとうございました。


私たちの<シーナと一平>チームはポスターを引き取った後、
最後の仕上げに一工夫加えようと試みました。
ミシンカフェということ、人と人とをつなげたいということから連想し、
ポスターに直接糸を通し、縫い付けてみようではないかと考えました。


そこで今回、糸通し式 を開催しました!
式と言っても、大層なイベントではなく、
シーナと一平さんの場所をお借りし、現地で実際縫うという小さな企画です。


実際展示した大きいポスターと小さいポスターを一枚ずつ縫いました。
ポスターに描かれた点線をなぞるように、一針一針手縫いで縫っていきます。
色を統一せずに途中途中で色を変えてみたりしました。

DSCN4541.JPG

シーナと一平の店員さんや、
たまたまお店にいらっしゃった学生の方々にもこの式の話をしたら、
快く縫っていただけました。

制作スタッフだけではなく、お客さんにも糸を通して頂ける事で、
地域の交流もでき、人と人とのつながりが、
ポスターに込めた思いだけでなく、実際にもできて嬉しく思います。


私は家庭科の授業やボタンが取れてしまったときに、
自分で縫う程度の裁縫技量でして、
紙に直接穴をあけて糸を通すことは初めての経験でした。



そして、ついに 完成!

DSCN4575.JPG

最初は、勢いがついて破れてしまったらどうしようと心配しましたが、
布とはまた違った感覚で、一発勝負の緊張感もありつつ、
意外に丈夫でなんとか失敗せずに縫う事が出来ました!


縫う前は、実際縫うことで、
糸がどんな作用をもたらすか予想がつかなかったのですが、
少し太めの刺繍糸にしたことで糸が映えて暖かみが増すポスターになりました。
完成されたポスターはシーナと一平さんに飾ってもらえることになりました。
お店にお越しになった際には是非ご覧下さい。


最後に、イラストレーターの戸田ノブコさん、
シーナと一平さん、その他手伝ってくれた方々、ありがとうございました!

ページの先頭へ戻る