Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  週報:プ親方の小部屋13/53

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

清水良洋

週報:プ親方の小部屋13/53

マルプ清水です。


まぁ色々と案件が動いて所に
池ポス〉や〈まちかど回遊ハンドブック〉などの
地域関連の事もありますが
ここ数週続いた慌ただしさもひと息って感じです。

n160325_01.jpg

週末、水戸芸術館
田中功起 共にいることの可能性、その試み〉展を観に行って来た。


佐野がこの展示の事をネットでみたら「館内滞在6時間」という方が居たそうで
「こりゃ、シッカリ観るには時間が掛かるな」と
水筒にほうじ茶を入れ、おにぎりを持って出掛ける。


「この辺り猫ちゃん居そうだなぁ。今度撮り歩きに行きたいにゃ〜」と
車内でおにぎりを頬張りつつ車窓に目をやる。


9:30開館の所、10:00前に入館。
映像作品が多く、どれも漏らさず視ていたら昼時になった。
半券があれば再入館出来るので、外に出て腹ごしらえのお店を探す。


スグ近くの〈れんが家〉を見つけた。
懐かしい洋食やの雰囲気に惹かれて入店。
家族づれや近くのサラリーマンで賑わっていた。
出先でイイ感じのお店に出会うのはウレしい。


さてさて、急ぎ腹ごしらえし再入館。
じっくり視てたら声を掛けられた。「閉館10分前です」
ぬォん!18:00になるよ!もうそんな時間!
ほぼ視れたんでギリギリセーフでした。


帰りは芸術館から駅までの道すがら
梅を見たり、水戸の猫ちゃん撮ったりと思ってましたが
芸術館出たらもうまっ暗!大人しく帰路についた次第。


制作メモ投稿しました、宜しかったら覗いてみてください。
今週も有り難うございました。次週も宜しくお願い致します。


*画像は茨城県水戸市五軒町。
月と水戸芸術館タワー。

ページの先頭へ戻る