Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  週報:プ親方の小部屋12/53

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

清水良洋

週報:プ親方の小部屋12/53

マルプ清水です。


おかしいなぁ~、版元の年度期末での慌ただしさも一段落
のハズなんだけどなぁ~。


ほぼ色々な事が一日遅れてなんとか収集させる。
5月からはスタッフも減り、キャパ縮小になる。
依頼を受け切れず、お引き請け出来ないって事も増えるのかなぁ~。


陳が出社。本格的には来週からとなる。


今まで新卒スタッフには、こちらのペースに巻き込む様にしていたが
ここ2~3年で考えが変わった。
本人の様子を見ながらペースアップして行こうと思う。

n160318_01.jpg

池ポス〉が始まりました。


ポスターを描く〉僕はあくまでワークショプとして取り組んでました。
〈ポスターを描く〉はイラストレーターが参加費を払ってます。


そんなイラストレーターに対してGデザイナーは
イラストレーターを刺激し、
イラストレーター自身では引き出せないものを引き出し、
Gデザイナーがディレクションする事でイラストレーターひとりでは出来ない
ポスターを〈何か〉にコミットさせるステージまで引き上げる。


と考えていました。
が、今の〈ポスターを描く〉は今のコンセプトやミッションがある様ですね。


因に毎度〈山の湯〉に行く度に、
自分のデザインしたポスターを眺めながら湯に浸かるワケで
こりゃGデザイナー冥利に尽きるってもんです。


池ポス〉はイラストレーターとGデザイナーが文化祭の様な気分で参加し
地域、社会の中で何が表現出来るか、
自分達に何が出来るかを試みる場所と思ってます。


〈池ポス〉は小さな活動だと思ってましたが、見てる人は見てますね。
こんな掲載をしてもらいました。


今年の〈池ポス〉は学生枠を設定しました。
学生にとってイチバンの課題は就職でしょうが
学生のうちに人や社会、地域と繋がる体験をさせたいと思いました。


アレコレ業務外の事は段々と控えようと思ってますが
今しばらく、もうちょとこうした活動もしていきます。


制作メモ投稿しました、宜しかったら覗いてみてください。
今週も有り難うございました。次週も宜しくお願い致します。


*画像は豊島区東池袋。
〈池ポス〉ミーティング後の懇親会。長年地元で愛されている〈うな達〉。

アーカイブ

ページの先頭へ戻る