Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  2014年7月のマルプ日報

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

2014年7月のマルプ日報

李生美

ごあいさつ(改)

セブンイレブンのことを
うっかり「セブン」って言ってしまうぐらいには
東京に馴染んだマルプ李です。
(関西では「セブイレ」です。)



本日はお知らせがございます。


この度三ヶ月の試用期間を経て
7月1日に晴れて正社員となりました!(パチパチ)
報告が遅くなりました。
(うっかり一ヶ月とか過ぎなくて良かったです。)

はじめは100枚あった名刺はすべてなくなり、
それと引き換えに
新たに100枚の名刺が増えました。
こんなにたくさんの方と出会ったのか!と
驚きでいっぱいです。
(そろそろ名刺ホルダーも新調しないと...)


あっという間の三ヶ月ですが、
三ヶ月前のことを思い出すと遠い昔なような気もします。
三ヶ月、お仕事をして思ったことは
お仕事って大変...!
ということです。

学生の時の10倍くらい大変です。
死にかけた卒制時期の1.5倍くらい大変です。
(でもたぶんまだ"本当の大変"は知らない。)


それと同時に
お仕事って楽しい!
と思うのです。


知らないことだらけで、
それをどんどん知ることができて、
自分ができることがだんだん増えていくのは
とても愉快です。
もっとできれば...!と
常に感じるので、
飽きるということがないです。
それ、すなわち楽しい。

正社員になっての一番の変化はというと...

20140723_a.jpg

会社の鍵をいただきました!
お気に入りのウォーホルのキーホルダーに
家の鍵と一緒につけております!
のこるふたつは惜しくも入らなかったのでポーチに待機。
これでいつでも会社に入ることができます!


そして先日、
歓迎会というものを開いて頂きました。
そこではなんとプレゼントまで頂きました!

カラーチャート
20140723_e.jpg

20140723_d.jpg


表紙を見ただけでは何か分からず、
開いてから
カラーチャートだぁあああああ!!!!!
とすごくテンションがあがりました。
ずっっと欲しいと思ってたものの、
なかなか買えずにいたので、
とても嬉しかったです!!!!


これはデザインするうえでは必須のものなので
ボロボロになるまで使い込むのが目標です...!




\メッセージ集/

20140723_c.jpg

20140723_b.jpg

マルプ関係者のみなさまからのメッセージ!
形態はジャバラなのです!
爆笑必至なものから涙がホロリとなるものまで
この中にはいろいろな言葉が詰まっていました。


ちょっと挫けそうになった時には
このジャバラを開けて、元気をたくさんもらおうと思います。
ありがとうございました!



と、いうわけで
改めましてのごあいさつとなりました。
まだまだ吸収することはいっぱいで、全く底が見えないですが、
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

宮崎萌美

悪女についてを描く〜展示終了いたしました!

サッカーワールドカップ、
ブラジルでの熱い戦いが終幕となりましたね。
寝不足に悩む方も多かったのではないでしょうか?
マルプ宮崎です。



さて、ここ日本でも、ある熱い展示が幕を閉じました...。

そう、『老若男女世界文学選集Vol.7「"悪女について"を描く」』が、
7月13日の17時を持ちまして、無事終了いたしました。


今年4月に第1回目のワークショップを行ってから早3ヶ月。
本当にあっという間でした。
20140715_a.JPG
最後の最後までお客様が...。ありがたや〜!


しかし、惜しまれつつも時間となり、
搬出作業がスタートします...。
20140715_b.JPG
あぁ......
20140715_c.JPG
まああ......
20140715_e.JPG
まあぁぁぁぁ......


2週間にわたる展示があっという間に感じたのですから、
片付けるのは一瞬に感じますね...。
みるみる壁が真っ白に戻っていきます。


展示期間中は、台風や猛暑など、
だいぶ落ち着かない天候となってしまったにも関わらず、
沢山の方にご来郎頂き、誠に、まことにありがとうございます!
嬉しいお言葉も沢山頂きました。



文字通り、十人十色の感性で描き出された『悪女について』。
それがさらに各担当デザイナーの感性と合わさる事で起った
"化学反応"を、参加者を含め、ご覧頂いた皆様にも楽しんで頂けたなら、
大変嬉しく思います!
私自身は、とても楽しませて頂きました^^



改めまして、
会場まで足を運んでくださった皆さま。
展示を気にかけてくださっていた皆さま。
参加者の皆さま。
そして今年も素敵な機会を下さったDAZZLE村松さん。
この展示にお力添えいただいた大勢の方々に、
この場をお借りして、心よりお礼申し上げます。

本当に、ありがとうございました!




もし、「展示を見逃してしまった〜!」と言う方は、
弊社で製作致しました本展示のパンフレットがございます。
20140715_f.JPG
こちら、TAEK FREE です皆さま。
今回展示された作品や、参加者のコメント等が掲載されております。
gallery DAZZLEと、マルプギャラリーにて配布中ですので、
どうぞよろしくお願いいたします。^^



------------------------
老若男女世界文学選集vol.7「悪女についてを描く」

2014年7月1日(火)~13日(日) 月曜日休廊
12:00~19:00(最終日17:00まで)
場所:gallery DAZZLE

【参加者(50音順/敬称略)
相蘇美代子
伊藤ハムスター
上野幸男
河合美穂
草野碧
登内賢治
マツモトクミコ
峯岸圭
Minoru
吉泉ゆう子
------------------------

加藤京子

マルプギャラリー7月の企画展

malpuDM_suyama.jpg
マルプギャラリー7月の企画展

「RECORD」
須山奈津希展、開催中です。


詳細は時報にて。
140704suyama001.jpg
140704suyama018.jpg
140704suyama009.jpg
140704suyama005.jpg


今回の展示開催に際してのスケッチや文章を公開しています。
「RECORD」


特別開廊(作家在廊)は
5日(土)10時〜19時
21日(月・祝)時間未定
他在廊日、時間等は須山奈津希さんのサイトでご確認ください。


そんな須山さんから展示の意気込みです!


÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷

140701suyama.jpg
140701suyama2.jpg

一年前の7月の一ヶ月、初めてひとりで海外へ旅行に行きました。
話し相手のいない見知らぬ土地で時間を持て余し、気まぐれにスケッチとスクラップを始めました。
出会った風景や物を記録していくことで、なんのつながりもない場所と自分の間につながりが生まれるような気がしてとてもおもしろかったのです。

帰ってきてからも旅の記録をしたように、日々の記録が続きました。旅先の景色やチケットが減った分、日々届く郵便物や誰かのことを描くようになりました。

今回の展示では、壁をノートに見たてて、新しい場所に行った二人の人のことを描きました。ふたりが見せてくれた景色を見に来てください。


÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷



ぜひ遊びにいらっしゃってください!

加藤京子

悪女についてを描く 〜開催中!〜

マルプ加藤です。


老若男女世界文学選集Vol.7「"悪女について"を描く」
の展示が現在開催中です!
140701op01.jpg
展示初日にはデザイナー(弊社スタッフ)とイラストレーターさんとの
トークイベントが行われました。
140701op02.jpg
140701op03.jpg
トークタイムは1組5分ほど、
イラストレーターさんがどのような考え、想いをもって作品を描いたのか。
デザイナーがどのような狙いをもって、どんな工夫をしデザインしたのか。


とくに今回は特殊な構成の小説だったので、
それぞれどのシーンを選んで描くか、そのためには何をどのように表現するか、
語られる裏話にふんふん、と頷きっぱなしでした。
140701op04.jpg
140701op05.jpg
会場では作品の制作過程がそれぞれのファイルで見ることが出来ます。
また模擬装幀では、カバー・帯だけでなく表紙や章トビラまで作られている方も!
ぜひぜひ、会場でお手に取ってご覧下さい。


オープニング終了後は
会場を移して懇親会へ!
140701op06.jpg


展示は13日まで継続中。


展示参加者さんが運営している展示Facebookページでは
展示イラストレーターさんの在廊日予定も提示中です。


ぜひぜひ皆様、お誘い合わせのうえ、足をお運びください!


------------------------
老若男女世界文学選集vol.7「悪女についてを描く」

2014年7月1日(火)~13日(日) 月曜日休廊
12:00~19:00(最終日17:00まで)
場所:gallery DAZZLE



【参加者(50音順/敬称略)
相蘇美代子
伊藤ハムスター
上野幸男
河合美穂
草野碧
登内賢治
マツモトクミコ
峯岸圭
Minoru
吉泉ゆう子
------------------------

アーカイブ

ページの先頭へ戻る