Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  2010年10月のマルプ日報

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

2010年10月のマルプ日報

清水良洋

プッシュピン・パラダイム

マルプ清水です。

ギンザ・グラフィック・ギャラリーにお邪魔してきました。gggではプッシュピン・パラダイム展が開催されていました。

プッシュピン・スタジオですよぉ!僕の2つ上位の方々が直撃世代ですよね、そうした影響を受けた世代が創り出すものを観た世代が僕位なので、僕自身も隔世的に影響を受けています。

マルプデザインはもともと、Push-upと名乗っていて、その前身はPush Up Studioと名乗ってました。とそんな感じの僕が期待を大にして入場したのですが、、、

スミマセン!かなり期待値上げて来たつもりが、展示は遥かその上を行ってましたぁ。

雑誌や媒体でしか観た事のなかった伝説の作品をオリジナルで観れ、 また知らなかった作品も観れ大変良かったです。

例えばポール・デイビスの名作、三文オペラ!これをあの大きさで観れたこと等「嗚呼ポスターって」とうっとりですよぉ。

いやぁ〜元気を頂いたのと同時に、もっと純度を上げて精進せねばと思わされました。

清水良洋

イソップ展

マルプ清水です。

G8ギャラリーにお邪魔してきました。

TIS会員のイソップ展が行われていました。大変失礼な物言いですが、
皆上手いですね。

「えっイソップ展でしょ」というのに自分の描きたいものを描く方。
「流石お手の物」だなぁと、持ち味を活かす方
「こうも描けるのかぁ」と改めて実力を感じる方
「もう言葉はありません」と圧倒的な方

いい勉強させて頂きました。

余りのぼせたので、リクルートの並びにある諸國民藝 銀座たくみへ寄って
アタマをさましていたら、よい出会いものがあり鉢をひとつ購入。

お店が付けてくれた作者紹介を頼りに帰宅後西出窯のサイトを見ると、
とても素敵な成り立ちと志しで、気に入った器を尚気持ちよく使ってます。


どういう心づもりで居るか、といのはちゃんとカタチに現れるのですね。
器も絵も一緒ですね。

清水良洋

1_WALL

マルプ清水です。

ガーディアン・ガーデンにお邪魔してきました。

公募展「1_WALL」は長年続いた「ひとつぼ展」がリニューアルされたもの。これからという人にチャンスを与えるコンペ。いいですね。僕も若い頃は色々コンペにチャレンジしました。

入ったり、入らなかったり。入らなかったけど今でも気に入ってる作品が作れたり。兎に角得るものは多いです。

第3回グラフィック「1_WALL」展。ナルホドなぁというものから、正直僕には「?」なものもありますが、ここから数年後色々なシーンで活躍する人が輩出される事でしょう。

こうした原石に触れるもの、僕自身の勉強になります。

清水良洋

銀座

銀座で気兼ねなく、サクっと
旨い昼食を頂くとなると

更に
大衆感を味わいたいなら

本格イタリアンを
気取らずガッチリ頂くなら

目の前でカップに
コーヒーとミルクを注いで
その場でカフェオレを作るのを見つつ
お店でしか食べれないエクレアを頂くなら

おっと、お気に入り
忘れずに

さて、
次回銀座に来たら
どこに寄ろうかな

アーカイブ

ページの先頭へ戻る