Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  2009年9月のマルプ日報

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

2009年9月のマルプ日報

星野槙子

ことばたらず


(字:高倉大輔)

この間は高倉さん、お誕生日おめでとうございました。
"本を贈れるひとになろう"と決めて、
早速前回のHoshinoco Booksで紹介した「ぼくは勉強ができない」をプレゼントしたマルプ星野です。


「マッキーはかっこいい男の子が主人公でちょっとエッチな本が好きだよねえ」と高倉。
Hoshinoco Booksで紹介した本を読み返してみるとショートソングにレボリューションNo.3・ぼくは勉強ができない、たしかにそういう統一感はあるかもしれません。
聞き捨てならないけれど、ちょっと納得。(でも、それだけじゃないんですよ。読んだら感想聞かせてくださいね。)

ともかく、みんなで、たくさん、長生きしましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前、Hoshinoco Books02を読んでくださったイラストレータ−さんと短歌についてすこしだけお話をしたことがあります。
そのときいただいたメールにあった

【(歌人は)自分が伝えたいことととても真摯に向かい合いたったひとつの言葉を選ぶために限りなく推敲を続けます。】という一文。

とてもインパクトが強くて、ちょっとくらくらとして、それを機に歌人の文章や短歌を意識して読むようになりました。ちなみに、近頃の電車のお供はサラダ記念日



マルプに入って、ことば足らずを実感する日々です。だからこそ勉強をして、すこしずつ根気よく、ことばを集めていきたいと思っています。

すてきな作品を見たとき。
おいしいものを食べたとき。
かなしいとき、うれしいとき。
たとえばそういうとき。


ことばにしてみるとちっともぴったりじゃなくていっそのこと黙ってしまおうかと考えることがよくあります。「相手へ知らせたい」という欲が深くて、結局誰よりもしゃべるのですが。





作業中のセンパイ2人の半袖姿がすこし寒そうなマルプの夜。ことば足らずがいつにも増してもどかしい日だったので、こんな日報になってしまいました。

----------HoshinocoBooksCelecion08-----------

【センチメンタルな旅・冬の旅】

・荒木経惟 新潮社



・もう我慢できません。
私が慢性ゲリバラ中耳炎だからではありません。
たまたまファッション写真が氾濫しているのにすぎないのですが、こうでてくる顔、でてくる裸、でてくる私生活、でてくる風景が嘘っぱちじゃ、我慢できません。これはそこいらの嘘写真とはちがいます。この「センチメンタルな旅」は私の愛であり写真家決心なのです。自分の新婚旅行を撮影したから真実写真だぞ!といっているのではありません。写真家としての出発を愛にし、たまたま私小説からはじまったにすぎないのです。
もっとも私の場合ずーっと私小説になると思います。私小説こそもっとも写真に近いと思っているからです。新婚旅行のコースをそのまま並べただけですが、ともかくページをめくってみてください。古くさい灰白色のトーンはオフセット印刷で出しました。よりセンチメンタルな旅になりました。成功です。あなたも気に入ってくれたはずです。私は日常の単々とすぎさってゆく順序になにかを感じています。
敬具 

荒木経惟



・わたしが初めて買った写真集です。
はじめて読んでから1年後のよく晴れた日、
新宿の紀伊国屋で買いました。

"ことばたらず"なわたしに
この本の説明はできそうにないので、ひとことだけ。

こんなにきれいな本は、あんまりないと思っています。

加藤京子

SUPER PROJECT展はじまりました




マルプギャラリー9月の企画展
「Cafe展」
SUPER ILLUSTRATION SCHOOL
出展者=
青木カナ, 伊東ユカ, イワタニシューコ, オオタヒロコ, 尾崎まさこ, 加藤麻依子, くどう亜紀, 後藤サリ, サオアヤコ, さがわやすこ, さとう, Sato Richman, さわだりえ, 土屋美恵, tellacoli, 寺島静江, 戸村健作, 長嶋道子, nori, 浜畠かのう, まえじまふみえ, 平松慶, フジイミノル, furu, 真昼, ミゾグチレイ, 三好みよし, 目黒廉季, momo, ヤ・ぽんスカ, よねすい(あいうえお順)


SUPER ILLUSTRATION SCHOOL

今回はマルプギャラリー初のグループ展となっております。

臨時開廊日:土日祝すべて開廊です(13:00〜19:00)
※最終日30日は17:00までの展示です。

ご都合のよい方は是非足をお運びください!

ページの先頭へ戻る