Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  2009年4月のマルプ日報

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

2009年4月のマルプ日報

渡邊雄哉

自転車と強風とおばさん



マルプ渡邉です。

以前ここで、自転車の話、強風の話を
それぞれ書かせて頂きましたが
今日は、その両方に関連する話題をひとつ。

風の強いとある日、
大通りから少し裏に入った所の
小さな自転車置き場の前を通りかかった時のこと。

おそらく強風にあおられたのでしょう、
自転車が5台ほど、将棋倒しになっていました。
そしてそこで、自分の倒れた自転車を
何とか救出しようと奮闘しているおばさんがいました。

その場を通りかかった僕は
「なんだか大変そうだなあ…助太刀するか」
と倒れていた自転車を立て直す作業に取りかかりました。
もうひとり、そこを通りかかった女性がいて
その人も作業を手伝ってくれました。

そうして、全ての自転車を立て直したのですが
気がつくと、困っていたはずの
当のおばさんが見当たりません。

後ろを振り向くと、何事もなかったかのように
自分の自転車に乗って颯爽と去ってゆく
おばさんの姿が見えました。

自転車を立て直し終えた僕と女性は
それを見て顔を見合わせ、と同時に失笑して、
その場を後にしました。

僕も、たぶんその女性も、
決して何か見返りが欲しくて自転車を直した訳ではなく、
純粋に「大変そうだから手伝おう」という気持ちでした。
だから別に、自分の行為に対してお礼を言われなかったとしても、
それに不平不満を言うつもりはありません。
しかし…そうは言っても、こういうのは
「何だかなあ…」と後味が悪い訳です。

こんな時、礼儀というのはとても大事なものだと思い知らされます。
年をとればとるほど、それを欠いた行動は恥ずかしいものなのだと
何も言わずに去って行ったおばさんを見て思いました。

僕自身、完璧に礼儀正しい人間だなんて、間違っても言えませんが
それでも、ちゃんと礼を尽くすことのできる大人でありたいものだと
改めて思わされる出来事でした。

高倉大輔

池袋三丁目猫図鑑③+


マルプ高倉です。

猫公園の桜もすっかり新緑です。
とはいえ、猫たちにとっては、桜が咲いていようがいまいが、あまり関係なさそうです。

名前:ナカワケ(仮)
行動:頭突き

写メろうと携帯を構えると、携帯に頭突きしてきました。
「ごつっ」
予想以上の音が。
勢い余って加減がきかなかったのでしょう。
頭をぷるぷるしてました。
基本的には気さくなやつみたいです。

-----------TakakuraccoBooksCelecion-----------

【ママになった猫の海ちゃん】
 
■岩合 日出子 (著)/岩合 光昭(写真)  ポプラ文庫

■主海ちゃんは、若き日の岩合光昭・日出子夫妻が初めて一緒に暮らした、二人にとって特別なネコ。子ネコからやがて母親になっていく海ちゃんの成長の過程、ネコと人との心の交流を、光昭氏の写真と日出子氏の文章で細やかに綴ったノンフィクション。

■144-145頁/198頁
両方とも岩合光昭さんが撮った海ちゃんの写真の頁なのですが、日出子さんの厳しくも絵本のように優しさ溢れる文章と相まって、アラサー男子の瞳を電車の中で潤ませる破壊力です。

ポプラ文庫

※TakakuraccoBooksCelectionはHoshinocoBooksCelectionにインスパイアを受け、オマージュを捧げた企画ですが、今回でやめときます。

清水良洋

ムーン・パレスを描く(1)


マルプ清水です。

ギャラリーDAZZLEさんに声を掛けて頂き、企画展の講評者をやらせて頂いてます。
ポール・オースターの小説『ムーン・パレス』を14名のイラストレーターが描く、という企画です。

同じテーマでありながらそれぞれがどう反応するのか、どう解釈するのか。展示を観る方にとっては作家それぞれの観点の違いが面白味となり、またイラストレーター本人達にとってもお互いが刺激し合う試みの場になっています。

先日、1回目の講評会がありました。7章ある本文を各章2名が担当するのですが、同じ章でも取り上げる所が違ったり、また同じ場面でも全然違う解釈だったりと、とても面白かったです。後でイラストレーターさん達に話を聞くと「エッ!こう来たかァ!」と驚きつつ「自分だったらアノ章はああ描くな、こう描くな」とか考えながら他の参加者のラフを観ていたそうです。

相対させる事で自分の絵の本質を掴み、また他の方から刺激を得る事で自分に足りないものを気づく。そんなワークショップになっていました。

少しでも参加者にとって実り多き場となる様、僕を始めマルプスタッフ全力で楽しみながら取り組んでおります。宜しくお願い致します。

『老若男女世界文学選集挿画展vol,2〜ムーン・パレスを描く〜』
北青山・外苑前ギャラリーDAZZLEにて
2009年7月21日(月)〜8月1日(土)予定。

ギャラリーDAZZLE

加藤京子

映画の日

マルプ加藤です。

先日久しぶりに映画を観にいきました。
久しぶりと言っても2ヶ月ぶりくらいですが。

2作立て続けで観たのですが
2作ともメインキャラクターを演じている俳優さんが共通していて
しかもまったく正反対の舞台・キャラクターで
それはそれでとても楽しかったです。

もちろん映画自体も楽しかったです。
ほくほくとパンフを買ったり
なんでかグッズを買ったり
してみました。

まだまだ観たい映画がたくさんです。

映画は音響さまさまな劇場がやはりいいですね。

今週末も何か観に行こうかともくろみ中です。

ついでに観た作品というのは「鴨川ホルモー」と「クローズZERO2」。
俳優・山田孝之さん祭を友達と開催したわけです。
贅沢でした…。
今年はまだ最低でも2本、出演作があるということなので
追っかけてみたいと思っています。

あれ…いつのまにか大ファンみたいになってますが…。

アーカイブ

ページの先頭へ戻る