Malpu Design

ホーム  ›  マルプ日報  ›  2009年3月のマルプ日報

マルプ日報

スタッフの日々のよしなしごと

2009年3月のマルプ日報

清水良洋

寺子屋で道場、その後。

 



マルプ清水です。

今年お招き頂きお話をした『寺子屋プロジェクト』こと『テラプロ』。インテリア雑誌『DREAM』で僕の講演を記事にして頂きました。

記事を見て佐野が「(僕が)まともな人に見える』と云ってました(爆)。あの日は良いセッションになったなぁと自分でも気に入っていたので、こうして記事にして頂けるとまた格別に嬉しいですね。

僕の記事の隣は原研哉さんの記事、これもなんだか嬉しいですね。原さんには僕がインタビュアーとしてお話を伺った事もあるんですよ。デザインに対して熱い想いのある方だなぁと尊敬してます。

どりーむ編集局のKさんありがとうございます!
 



→インテリア雑誌『DREAM』

高倉大輔

道場マッチ(4)

 
マルプ高倉です。

ついに始まりました、道場マッチ。
本屋さんには決して並ばない、誰も見たことのないあんな装幀の本や


だからこそ自由な発想で羽ばたいているこんな装幀の本が


静かにメラメラ、ひしめき合っています。



貴婦人気分で優しく接してやって下さい。

ご来場お待ちしております!

道場マッチ(3)





マルプ黒瀬です。

いよいよ今日から道場マッチ。
昨年の夏から始まり、
いよいよお披露目です。

昨日はイラストレーターさんと
マルプスタッッフも搬入のお手伝い。

真っ白なギャラリーが様々な作品に
どんどん埋まっていきます!

「これはどうやったの?」

「すごーい!」

「ワハハ」

と雑談を交わしながら
皆さんのご来場をワクワクしながら
搬入してきましたので、
お時間あれば是非。


OPA gallery「マルプお笑いイラストレーション道場」

清水良洋

ある展示企画(1)


マルプ清水です。

ある展示の企画、銀座のヴァニラ画廊さんにご相談を持ちかけました。

ヴァニラ画廊さんが僕の思い付きに興味を示して頂き、只今実現に向けて色々と策を練っている段階です。

先日その打合せでヴァニラ画廊さんにマルプスタッフの黒瀬とお邪魔しました。
この厳しいご時勢、色々な方の協力を頂かないとならないなぁと、。具体的になったら、この日報でご報告します。

丁度ヴァニラ画廊さんでは『刺青師 三代目彫よし』刺青原画展が開催されていました。
三代目彫よし氏は国内はもとより海外で高い評価を得ている方です。
因みにあのチャールズ・マンソンから三代目彫よし氏へのファンレターも展示されたました!

なかなか見る機会の無い刺青の下絵はそれは凄まじい迫力です。足の指の力の入り具合、構図、表情、ポーズどれも素晴しいです。イラストレーターは必見、特に時代ものを描く方は絶対見ておいた方が良いです。

三部構成で『幻武者絵』『生首幽霊図』『百鬼図』を展示替えしながら4月30日まで展示しています。

ヴァニラ画廊さん

アーカイブ

ページの先頭へ戻る