Malpu Design

ホーム  ›  制作メモ

制作メモ

デザインで工夫したところ、用紙・加工などの制作にまつわるお話です。

清水良洋

プロ野球 最高の投手は誰か

書名:プロ野球 最高の投手は誰か
副題:名投手列伝
著者:工藤健策
版元:草思社
発行:14年8月27日 第一刷
判型:四六判 縦組 並製


装画:竹松勇二さん
装幀:清水


刷り・用紙:
◎カバー
 刷り:オフセット4色
 用紙:OKミューズガリバー グロスCoC 四六判 Y目 110Kg ハイホワイト
 加工:グロスニス
◎帯
 刷り:特色(DIC595)1色+スミ1色=2色
 用紙:ルミナホワイト ハトロン判 T目 135Kg
◎表紙
 刷り:特色(DIC621)1色
 用紙:ディープマット 四六判 Y目 180Kg カカオ
◎見返し
 用紙:ディープマット 四六判 Y目 100Kg オリーブ
◎本扉
 刷り・用紙:本文共紙共刷り


見本頂戴日:14年8月11日

sm160304_01.jpg

僕は最近はとんとプロ野球は観ませんが
入った居酒屋なんかで中継していたら
ワカった風な事を言う方です(苦笑)。


今でも銭湯のゲタ箱も、僕が子どもの頃の
プロ野球選手の背番号をつい意識します。


本書のメインテーマは
プロ野球80年の歴史の中で真に優れたピッチャーは誰か。
金田、江夏、村山など往年の名投手を
当時間近に居た関係者、そして本人コメントや記録から
どんなピッチャーだったか浮き彫りにしていきます。


ある種、プロファイリング物を読んでいる様な興奮
そして読み始めると、プロ野球が観たくなる!


著者はただピッチャーを賛美するのではなく
「現代はピッチャーを酷使している」と警鐘を鳴らします。


プロ野球に対する情熱と愛情が詰まった1冊です。


装画は高校球児だった竹松勇二さんにお願いしました。
プロ野球をテーマにした内容ですが
〈実在の選手やユニホームは描けない〉という難しいお題を
竹松さんは〈ありそうな感じのユニフォーム〉を描いてくれ
そしてどの投手も〈ありそなフォーム〉で描いてくれました。


一見なんでもないピッチャーの姿ですが
なかなかどうして描けるもんでないです。
ご自身の経験を活かして描いた竹松さん、流石です。
プロ野球投手の装画に、プロイラストレーターのワザあり!


*16年3月のマルプギャラリーは竹松勇二さんの個展
こちらも是非!


清水良洋

二・二六 帝都兵乱

書名:二・二六 帝都兵乱
著者:軍事的視点から全面的に見直す
訳者:藤井非三四
版元:草思社
発行:16年2月8日 第一刷
判型:文庫判 縦組 並製


カバー写真:共同通信
装幀・文庫カバーフォーマット・帯:清水


刷り・用紙:
◎カバー
 刷り:オフセット4色
 用紙:規定用紙
 加工:マットPP
◎帯
 刷り:特色1色(DIC517)+スミ1色=2色
 用紙:規定用紙


見本頂戴日:16年1月26日

sm160226_01.jpg

今年は二・二六事件から80年目。
二・二六関連記事も見かけます。


著者の藤井非三四さんは日本陸軍史、朝鮮戦争史を専門とする研究家。
副題は「軍事的視点から全面的に見直す」となっている通り
軍人が起こした出来事を、軍事的な側面に焦点を絞り、
戦史として掘り下げています。


でもその軍事・軍制だけでなく、当時の社会通念や世相
軍内部の人間関係、青年将校たちの気分
東京の〈その時〉の空気も描いてます。


カバーの写真は「緊張してカメラマンに銃口を向ける兵士」として有名。
弊社でも別件で使用してますね。
この時は人着写真の様に色を着けてますが
今回は色アミをノセて、書名など文字がシッカリ見える様にし
デザイン的に変な事はせず、
信頼性を感じて貰える様真っ直なものにしました。


一昨年、気の置けない仲間たちと湯河原温泉に一泊しました。
こんなお誘いや旅は「今後ないカモなぁ~」というくらい
リラックスした旅でした。


その折りに〈光風荘〉を見学しました。
二・二六事件で唯一東京以外の現場です。
地元の方が説明をして下さり
貴重な現場と資料を丁寧に拝見する事が出来ました。


ネットが便利な時代ですが
だから旅先や記念日などを
こうした切っ掛けに歴史に思いを馳せてみては如何でしょう。

清水良洋

愉しい落語

書名:愉しい落語
副題:江戸以来四百年、そして未来へ
著者:山本進
版元:草思社
発行:13年12月18日 第一刷
判型:四六判 縦組 並製


装画:化猫マサミさん
装幀:清水


刷り・用紙:
◎カバー
 刷り:オフセット4色
 用紙:OKミューズガリバー マット 四六判 Y目 110Kg ハイホワイト
 加工:グロスニス
◎帯
 刷り:特色(DIC(フランスの伝統色)F82)1色+スミ1色=2色
 用紙:コート紙(何でも可お任せします。白色度の高いものを希望)
 加工:グロスPP
◎表紙
 刷り:特色(DIC621)1色
 用紙:GAしずく 四六判 Y目 170Kg 焦茶
◎見返し
 用紙:GAえんぶ 四六判 Y目 90Kg 赤茶
◎本扉
 刷り・用紙:本文共紙共刷り


見本頂戴日:13年12月5日

sm160222_01.jpg

著者は戦後すぐの東大落語研究会時代から始まって
以来60年以上〈一介の市井好きもの〉として
落語研究や芸能史研究に携わってきた方。


落語入門書が数あれど、
愉しみ方から素朴な疑問まで
著者ならではの肩の凝らない内容です。


「落語はみんな新作だった」「古典落語はいつから?」
「落語家は何人いるのか?」「寄席以外の収入」
「万歳から漫才へ」「講談は偉い人の物語」
「怪談も人情噺」「遠山の金さんの功績」等々。
目次からの抜粋ですが、どうですかぁ~面白そうでしょ~。


そして本書の最後には「落語の未来」について語ってます。
決して懐古趣味だけの「落語入門」でなく、また特定の噺家評でもない
大きな枠の中で、自在に落語愉しみ方を説く本書の装幀は
〈爺むさい〉いつかどこかで見た事のある落語入門の様にはしたくなく
「今現在も〈落語を発信し続けてる〉ものってなんだろう?」と考えた時に
『笑点』の大喜利を思い出しました。


化猫さんは和風だけどモダンな印象の
クスっと笑わせるユーモアを含んだ絵を描きます。
そんな化猫さんに噺家の「誰?」という事でなく、
でも居そうな感じのリアリティある噺家を描いてもらいました。
なんだか大喜利の愉しさが伝わって来るでしょ。


落語をよく知らない方から
結構ご存知の方まで愉しい入門書です。
是非読んでみてください。


*16年2月のマルプギャラリーは化猫マサミさんの個展
こちらも是非!

清水良洋

オール・イン

書名:オール・イン
副題:実録・奨励会三段リーグ
著者:天野貴元
版元:宝島社
発行:14年3月26日 第一刷
判型:四六判 縦組 並製


写真:ゲッティーイメージズ
装幀:清水


刷り・用紙:
◎カバー
 刷り:オフセット4色
 用紙:コート紙(何でも可お任せします。白色度の高いものを希望)
 加工:グロスPP
◎帯
 刷り:特色(DIC331)1色+スミ1色=2色
 用紙:コート紙(何でも可お任せします。白色度の高いものを希望)
 加工:グロスPP
◎表紙
 刷り:スミ1色
 用紙:タント 四六判 Y目 180Kg N-4 
◎見返し
 用紙:タント 四六判 Y目 100Kg R-3 
◎別丁扉
 刷り:特色(DIC524)1色
 用紙:タント 四六判 Y目 100Kg R-5 


見本頂戴日:14年3月8日

sm160217_02.jpg

棋士・天野貴元さんの自伝です。


天野さんはプロ棋士ではありません。
天才少年と将来を嘱望されながら
その才能からの自尊心やあせりからか
将棋には真摯に対峙しつつも
中学生の頃から酒、競馬、麻雀、キャバクラ、一日6箱のタバコ。
プロ入り目前ながら年齢制限でアト1歩届かず。


その後は将棋普及に尽力しながら
プロ雀士を目指す。
そして「舌がん」の宣告、舌を切除ーー。


「28歳で中卒、資格なし言語障害という、将棋で言うなら
「序盤で王手飛車」級のビハインドを背負ってしまった僕だが、
会心の逆転劇を連発していたあの黄金の日々の記憶を支えに、
これからも攻めの姿勢で行きていきたいと思う。」
と、天野さんはあとがきで記してます。


本書、重い内容ではありますが
これが読み易く、ひと言ひと言が響いてきます。
そして読後感は清々しさに溢れるものです。


本書の担当編集Kさんとは何冊もご依頼頂いてますが
このような内容の本であっても清々しい読後感に仕上がり
編集の妙味に毎回感嘆してます。


本書もKさんが企画し天野さんに打診したそうです。
『オール・イン』はカジノ用語。
「手持ちの賭け金を全てゲームに投じること」
人生の全てを将棋に賭けた天野さんを表わす書名です。


本文を読んだ印象と、ブログでの天野さんの言葉や姿から
装幀は〈天野貴元の本〉にしたく、
探した画像を色調補正し、書体を加工し
〈他の将棋本ではなかなかやらないだろう〉アンダーな世界観を作りました。
帯には奨励会時代の対局中の天野さんの写真を入れました。
面白い内容に自分でも気に入った装幀が出来ました。


見本出来し喜びの天野さん
書店を偵察する天野さん
そして「第26回 将棋ペンクラブ大賞 文芸部門大賞」を受賞。
天野さんとお目に掛かりませんでしたが
すっかり天野さんの魅力に惹かれ僕はブログをよく拝見してました。


15年10月28日にKさんからメール。
「今日の未明に『オール・イン』の天野君が亡くなりました。 」
天野さんの最近の病状や本書について気持ちも綴られました。
そして「彼はペンクラブ大賞を受賞したときにも、
「本をデザインしてくれた人にお礼をしたい」 ということを言っていて、
「いつでもセットするから」と言いつつ、
機会を逸してしまったことが 悔やまれます。 」


お目には掛かれませんでしたが
友人を亡くしたようなおもいです。
ご冥福をお祈りします。


棋譜には全く同じものがないそうです。
他には無い天野さんの人生、
是非『オール・イン』を読んでみて下さい。

ページの先頭へ戻る