Malpu Design

ホーム  ›  制作メモ  ›  僕はなぜ小屋で暮らすようになったか

制作メモ

デザインで工夫したところ、用紙・加工などの制作にまつわるお話です。

清水良洋

僕はなぜ小屋で暮らすようになったか

書名:僕はなぜ小屋で暮らすようになったか
副題:生と死と哲学を巡って
著者:高村友也
版元:同文舘出版
発行:15年12月8日 第一刷
判型:四六判 縦組 並製


装画:鶴田陽子さん
装幀:清水


刷り・用紙:
◎カバー帯
 刷り:オフセット4色
 用紙:アラベール キク判 Y目 76.5Kg ナチュラル
 加工:グロスニス
◎表紙
 刷り:特色(DIC330)1色
 用紙:GAクラフトボード-FS L判 T目 23.5Kg クレイ
◎本扉
 刷り・用紙:本文共紙共刷り


見本頂戴日:15年11月30日


sm160324_04.jpg


本書は著者が、雑木林に小屋を建て、河川敷にテントを張って暮らす
「現在の生活に辿り着くまで」を語った自伝的な内容。


本書は〈お金を掛けずに楽しくシンプルライフ〉という類いのものではなく、
〈この生きづらい時代〉思考の世界と現実的な生活との
折り合いをつけてゆく〈試行錯誤の記録〉なのです。


本書のエピローグに「今の生活を始めたときは、
生きることだけで精一杯になってしまう社会から逃れ~」と言う一節がある。
この一節で「自分に向けられた本だ」と感じる方が居たら
是非、本書を読んで頂きたい。
読後は、自分の中から穏やかに〈希望〉が立上がって来るのを感じると思います。


僕に依頼を頂いた時点で、装画は版元から鶴田陽子さんに依頼済みだった。
鶴田さんのラフ画を元にアレコレと装幀案を作成。
装幀案を検討し、鶴田さんには「コレコレこの様に仕上げて下さい」と
フィードバック。


鶴田さんは意欲的に取り組んで頂き
版画の刷り違いを幾つか仕上げてくださった。

その中を幾つかを印刷所でスキャニングして貰い
僕の方で良い部分を合成し、全体を調整した。


書名がカバーの下部にあり、帯を掛けるとカバーの書名が隠れます。
なので、帯にも書名が入ってます。


帯の書名は50級、カバーの書名は30級です。
書店やweb上での書影は帯付きで書名が大きく、帯を外すと書名は控えめ。
この仕掛けは僕なりの本書への解釈を表わしたものです。


書名の書体に〈はんなり明朝〉を選んだのは
既存のフォントベンダーの書体にはないハンドメイド感や不揃い感が
本書に通底して感じる〈儚さ〉を表わせると思ったからです。


見返しの用紙をヤメました。
「この本には見返しはいらない」と思い提案し同意を得ました。


書店やwebで本書と出会った時
〈静かな森の中の小屋と出会った〉
そんな印象を持って貰えたらと装幀しました。


本書は今回初めて依頼を頂いた版元の仕事。
初めての依頼で、とてもやりがいのある内容に
僕もついついチカラが入り、担当編集のTさんのアレコレと提案。
Tさんはそのアレコレに実に丁寧に対応して下さりました。


追、著者ブログでは、本書上梓後も続く著者の〈試行錯誤〉が綴られてます。

ページの先頭へ戻る