Malpu Design

ホーム  ›  制作メモ  ›  二・二六 帝都兵乱

制作メモ

デザインで工夫したところ、用紙・加工などの制作にまつわるお話です。

清水良洋

二・二六 帝都兵乱

書名:二・二六 帝都兵乱
著者:軍事的視点から全面的に見直す
訳者:藤井非三四
版元:草思社
発行:16年2月8日 第一刷
判型:文庫判 縦組 並製


カバー写真:共同通信
装幀・文庫カバーフォーマット・帯:清水


刷り・用紙:
◎カバー
 刷り:オフセット4色
 用紙:規定用紙
 加工:マットPP
◎帯
 刷り:特色1色(DIC517)+スミ1色=2色
 用紙:規定用紙


見本頂戴日:16年1月26日

sm160226_01.jpg

今年は二・二六事件から80年目。
二・二六関連記事も見かけます。


著者の藤井非三四さんは日本陸軍史、朝鮮戦争史を専門とする研究家。
副題は「軍事的視点から全面的に見直す」となっている通り
軍人が起こした出来事を、軍事的な側面に焦点を絞り、
戦史として掘り下げています。


でもその軍事・軍制だけでなく、当時の社会通念や世相
軍内部の人間関係、青年将校たちの気分
東京の〈その時〉の空気も描いてます。


カバーの写真は「緊張してカメラマンに銃口を向ける兵士」として有名。
弊社でも別件で使用してますね。
この時は人着写真の様に色を着けてますが
今回は色アミをノセて、書名など文字がシッカリ見える様にし
デザイン的に変な事はせず、
信頼性を感じて貰える様真っ直なものにしました。


一昨年、気の置けない仲間たちと湯河原温泉に一泊しました。
こんなお誘いや旅は「今後ないカモなぁ~」というくらい
リラックスした旅でした。


その折りに〈光風荘〉を見学しました。
二・二六事件で唯一東京以外の現場です。
地元の方が説明をして下さり
貴重な現場と資料を丁寧に拝見する事が出来ました。


ネットが便利な時代ですが
だから旅先や記念日などを
こうした切っ掛けに歴史に思いを馳せてみては如何でしょう。

ページの先頭へ戻る