Malpu Design

ホーム  ›  制作メモ  ›  マンモスのつくりかた

制作メモ

デザインで工夫したところ、用紙・加工などの制作にまつわるお話です。

清水良洋

マンモスのつくりかた

書名:マンモスのつくりかた
副題:絶滅生物がクローンでよみがえる
著者:ベス・シャピロ
訳者:宇丹貴代実
版元:筑摩書房
発行:16年1月25日 第一刷
判型:四六判 縦組 上製


装画:田渕正敏さん
本文デザイン:李
装幀:清水


刷り・用紙:
◎カバー
 刷り:オフセット4色
 用紙:OKブリザード 四六判 Y目 103kg
 加工:グロスPP
◎帯
 刷り:特色(DIC182)1色+スミ1色=2色
 用紙:コート紙お任せ(白色度の高いもの希望)
 加工:グロスPP
◎表紙
 刷り:特色(DIC165)1色
 用紙:クラフトペーパーキャメル ハトロン判 T目 90Kg
◎見返し
 用紙:クラフトペーパーキャメル ハトロン判 T目 90Kg
◎本扉
 刷り用紙:本文共紙共刷り
◎ヘッドバンド
 84(伊藤信男商店)
◎しおり
 3(伊藤信男商店)


見本頂戴日:16年1月20日

sm160506_01.jpg

絶滅した生物たちを今日の技術でよみがえらせることは可能か?
結論から言えば、現時点では難しいにだそうです。


本書は復活出来るとしたら危険はないのか?
どんな問題が起きるのか?疑問点は、また反論は?
と、脱・絶滅研究の第一線で活躍する科学者が熱く考察します。


装幀はちょっと愉しい感じにも触れるし
ガッチリとシリアスな感じにも触れるしと
さてどうしましょうと担当編集のTさんと
落としどころを相談しながら進めて行きました。


何人かイラストレーター候補を挙げてTさんと検討し
「スケープゴーティングとか書き込むこともできますし
コンディショニング辞典的なのも面白い」という事で
装画は田渕正敏さんにお願いしました。


田渕さんにはリクエストを伝え、
ラフ画で確認し本描きをお願いしましたが
実は本描き後にも修正して頂きました。


あまりそういう事はお願いしないのですが
意図と伝え田渕さんも納得されての修正でした。
結果としブラッシュアップされてよかったです。

田渕さんからのラフ画を元にして
科学書ぽい硬質な感じから
そこから少し柔らかい印象のものなど
僕の方で方向性の違いが出る様に
装幀案を幾つか作成し最終的には物語感の出る装幀となりました。

最近の科学書などによく見られる既視感ある装幀ではなく
本書の根底にある〈科学ロマン〉を感じる
趣きのある仕上りになったと思います。


Tさんとの仕事は実に8年振りくらい。
依頼を頂けたのもウレシかったが
見本が出来し「なかなか味わいのある出来になって」と
メールを頂けウレシかったです。

ページの先頭へ戻る